2011年11月27日

極細モヘア糸!

中小企業が開発した「極細モヘア糸」が世界で注目されて

います。

極細の糸を作るには昔の機械をあちこちから集めてきて

ようやく作れたといいます。

次にこの糸を染めるのに、別の会社に協力してもらって、

やっと完成したそうです。

できあがった製品は、軽く暖かくチクチクしない。

カシミアではなく「モヘア」にいったのは中小企業と

して生きる道がここにあると思ったからだそうです。

南アフリカで原料になるヤギ(?)を見つけたそうで、

これがきっかけだとか。

さらにこの糸で製品を作って販売することも考えている

そうで、出店準備中とのこと。

この会社には今、全国から若い人たちが集まってきている

といいます。糸つくりから生地作り、製品作りまで、

トータルでクリエイトする力を養成したい、という

社長と、自分からモノを作ろうとする社員。

こういう会社が、地方にあり(山形県)しかも繊維業界、

にもかかわらず、世界で仕事ができると知って人が集まって

くる。

魅力的な仕事があれば人は集まる、ということなんですね!
posted by サキどりファン at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

『買い物支援』サービス

なかなか買い物にいけない人たちを「買い物弱者」と

言うそうです。

大手スーパーが遠い地域では、なかなか遠くまで行けない

人のために、移動販売車が地域を回っています。

大手のコンビニチェーンでは、専用の車も用意して新たな

移動販売を始め、お客さんのニーズを発見。

コンビニでの売り上げにもつながるそうです。

こうした過疎の町ばかりでなく、都会の団地でも、

団地内のスーパーが閉店してしまい、買い物が不便な所が

増えているようです。

こういう場所に、生協がカタログ注文の出張所を作って、

お客さんの注文を受けています。

将来の高齢化社会に向けて、こうしたシステムを構築して

いこう、という試みがあちこちでなされているのです。

確かに、運転免許がなく、近くにスーパーなどがなければ、

立派な『買い物弱者』が出来上がってしまいます。

現在600万人、といわれる『買い物弱者』は、同時に大きな

マーケットでもあります。

小売店も「待ち」ではなく、「外に出て」行く時代なんですね。

大きな団地の中央にある商店街では”送迎自転車”のサービス

を始めました。このサービスのおかげで、老夫婦が外に出て

大量の買い物ができるようになりました。

団地でも高齢化が進み、商店街がそれに対応するサービスを

考えているんですね。

今でもネットスーパーなどの利用者が増えているようですが、

ネットが苦手な高齢者には、やはり話し相手にもなる直接販売

の仕組み作りが大切ですね。

posted by サキどりファン at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

『節電』の落とし穴!

節電の方法として「コンセントをこまめに抜く」というのが

ありますが、最近の家電はコンセントをつないだときの「待機電力」

は、ほとんど「ゼロ」

したがって、コンセントを抜く、というのはあまり効果がない

ようです。

また、「エアコンをこまめに消す」というのも、いちど消して

またつけると、温度が上がってしまったのを下げるために消費

電力が上がってしまうので逆効果だそうです。

では、待機電力が大きいものは、

ガス給湯器(外にある本体の待機電力)だそうですが・・・・。

ただ、待機電力はメーカーの努力で最近はほとんどかからない

といいます。

待機電力に拘るよりも、説明書をしっかり読んで、「省エネ」利用

の仕方を選ぶほうが大事だそうです。

説明書ってあまり読みませんからね。

節電のためには、読んだほうがいいんですね!

エレベーターの間引き運転や、サマータイムの実施は本当に

役に立ったのか、このあたりも検証が必要でしょうね。

冬の節電は夏とちがい、夕方以降が問題。

暖房では温度の変更でかなりの節電になるそうですが、

湿度が高いと体感温度はかなり高くなるので、湿度を

上げる、というのも大切。

濡れたバスタオル1枚で湿度が3%ほど(?)上がるようです。

洗濯物でいいので湿度をあげるようにしてみましょう。

また、冬の窓は、室内の熱を逃がしてしまうので、梱包材を

窓に貼るといいそうです。

プチプチっていうものですね。

出っ張っている方を窓につけて貼ると、断熱性も強くなり、

結露対策にもなるそうです。

この冬の節電。

まずは、取り扱い説明書を読む、ということからでしょうか。
タグ:待機電力
posted by サキどりファン at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

コワーキングスペース!?

『起業家が集まるオフィス』が”コワーキングスペース。

例えば、ツイッターとfacebookを同じページで見られるソフト

を起業家が協力して開発したそうです。

この”コワーキングスペース”

去年9月に神戸にできてから、全国にできているそうです。

起業したママさんたちが集まる”コワーキングスペース”もある

そうです。

子どもを連れて行けたり、子どもの面倒を交代でみたりできる

ところがメリットだそうです。

また、この”コワーキングスペース”が、他の会社の営業マンの

仕事の場になったりもするようです。

今、フリーで働く人が増えていて、そういう場へのニーズも

増えているんですね。

そもそも6年前にイギリスでこういう”コワーキングスペース”が

できたといいます。

起業家がコラボする場所というのでしょうか。

何か新しいものがここから生まれでゆくのでしょうね!



次に

『東京大學医学部』の異変について。

今、「医者」以外の道を目指す医学部生が増えているそうです。

誰でもできる『暗算法』を考えて、教育ビジネスにしています。

これを「ゴースト暗算」といい、すでに本も出ています。

東大生が起業を志すには、それぞれに個人的な事情もありますが、

そのように「生きる」姿勢が、日本の社会を活性化し、国を

活性化する、とこの学生たちは言います。

なるほどねえ、と思います。

この「ゴースト暗算」にスタジオで挑戦してみます。

「ゴースト暗算」では99×99まで(2けたの暗算)まで対応

できるんですって!!

しかも、「ゴースト暗算」は右脳と左脳を同じくらい使うそうで、

脳のトレーニングにもなるそうです。

『脳トレ』のためにも、やってみようかしら。
posted by サキどりファン at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。