2012年06月24日

「減塩」2

日本は『減塩後進国』だそうです。
国の定める塩分の消費量の目安が、かなり多いのです。
イギリスは1日に3g、アメリカは多くて5.3g。WHOの基準は5g。
でも、日本は国の目安(目標)が9g。実際には11gも摂っているのです。

イギリスからは、「これでは10年後には日本は長寿国でなくなる」
といわれています。

日本の食品会社では「減塩」に力を入れている会社は多くはありません。
たとえば、『石井食品』
塩分を7割もカットした食品を作っています。
クリームシチュウの場合。
新鮮な野菜をたっぷり使い、だしを濃くしてしっかり味をつけています。
価格はどうしても普通のものの2倍になってしまうそうですが、今後の
日本には必要だ、と考えています。
こういう会社は信頼できますね。

また、塩じゃけの塩分をカットする研究を続けてきた『ニッスイ』
3年もかけて研究した結果、かつおエキスとだいずエキスを混ぜて
『塩味』がひきたつことを発見。
でも、「減塩」というと「まずい」というイメージが強くて、
売れ行きはもうひとつらしいです。

このあたりは消費者の意識の問題ですね。
減塩食品を作っていたけれど、止めた、という会社も4社あったそうです。

食品表示から塩分を計算できるそうです。
「栄養成分表示」の中の”ナトリウム”で計算します。
ナトリウムはmgで表示されているのでgになおして計算します。
  ナトリウム(g)×2.54=食塩(g)となるのです。

最近では「食塩相当量」と表示されているものもあるそうです。
このへんは、食品会社に、ぜひ、考えてほしいですね。

さらに、「減塩」によって、
がん細胞が消えた?
塩分を減らすことで、半年でがん細胞が消えた、
という例があります。
しょうがやこしょうを使い、塩やしょうゆはほとんど使いません。

この食事療法を勧めているクリニックがあります。
東京・板橋区の「西台クリニック」
勧めている食材は、野菜(野菜ジュース)ハチミツ・レモン、胚芽(玄米)
海草、ヨーグルト、キノコ、オリーブ油、など。
塩は摂らず、動物性のたんぱく質や脂肪も摂りません。

がんの手術をした患者の5年後の生存率が52%というのにショック
を受けてはじめたそうですが、これによって生存率が72%まで
上がっているそうです。
食塩の入っていない食材を探すことが難しい、という人もいます。
食パンにも塩は入っていますよね。
調味料は、ハーブを中心に塩の入っていないものをそろえます。
徹底した食事療法をして3年、余命13ヶ月といわれたときから、
がん細胞が1/4に小さくなったそうです。
こうなると手術でがん細胞を取る根治手術が可能になるそうです。


減塩しょうゆに、同量の酢をいれるだけで、まろやかな調味料になるそうですよ。
ここで自家製「減塩調味料」の作り方。
しょうゆ300ml 酒300ml みりん200ml
かつおぶし30g こんぶ10g.
@ これをすべて鍋に入れて煮込みます。
A 沸騰したらアクをとり弱火にする。
B 2/3の量になるまで煮詰め、冷ます。
C 食材をこして、できあがり。

味の濃すぎる調理済み食品に頼らず、一工夫したいものです。
posted by サキどりファン at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

『減塩』は体にいいけれど・・・。

塩分は一日1.5グラムくらいでいいらしいのですが、
なかなかそれでは物足りないようです。
普通の食事をすると一日で15グラム以上も塩分を摂っている
ことになってしまうそうです。
味噌やしょうゆに含まれる塩分量にも注意したいですが、減塩
調味料は売れない、という企業の認識もあるようです。
消費者にも、「減塩」は「まずい」という意識があるみたい
なのです。
従って、なかなか減塩が徹底できない。
高血圧やほかの成人病にとって、塩分の摂り過ぎは避けたい
ものですが、どういう方法が効果的なのでしょうか?
社員食堂でも、さまざまな試みがされているようですが、
塩分を抑えた調味料の価格が高いのが、かなりのネック
にもなっているようです。
味噌汁は「だし」を濃くして、味噌を少なく、
「塩」のかわりに「しょうが」や「酢」を使って味をしっかり
つける、など、家庭でも工夫したいものです。
来週も「減塩」シリーズが続くそうなので、
しっかり学習したいですね。
タグ:減塩
posted by サキどりファン at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

朝型人間改造計画!

「朝活」
朝に活動するのは、脳が良く働いていいそうです。
でも、私もそうですが「夜型」人間は夜のほうが頭が働く気が
しているのですが・・・。
それだとなかなか熟睡した「深い」睡眠がとれないそうです。
で、朝型人間への改造計画。

まず朝日が入る東向きの部屋を寝室にするといいそうです。
朝は5時半に起床。
目覚めたときに、日光を浴びて、睡眠ホルモン・メラトニンを
減らします。
すぐにシャワーを浴び、オレンジジュースで糖分を補給。
15分後に糖分が頭に行き渡るそうなので、そこから勉強をします。
朝ごはんは、ハムに卵料理にパン。
たんぱく質と炭水化物を摂ります。これをエネルギーに変えます。
昼ごはんに温かいものを食べると体温が上がって眠くなるので、
冷たいものを食べます。
午後、眠くなったら、立ちながら本を読みます。
足からの刺激で脳が働き効率よく勉強ができるそうです。
また眠くなったら水を飲んで、体温を上げないようにします。

夜は逆に温かいもの、刺激のあるものを食べて体温を上げます。
眠る3時間前に食事、1時間前にぬるめのお風呂にゆっくり入ります。
11時に就寝。

こういう生活を1ヶ月続けると、朝型人間になれるそうです。
で、夜はしっかり熟睡できるようになるそうです。

朝の時間に脳を使うのは、とても効率的。
「朝活」
・・・・できるようになるといいですね。
posted by サキどりファン at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

まだまだ現役〜「シニア世代」市場が熱い!

今や、「シニア世代」の消費は市場を支えるほど。
100兆円の市場だそうです。

で、シニア向けの商品の開発が各社でされています。

シニア向けの帽子や服、シニア向けの医療機関。

特に、コンビ二では、シニア向けの「袋入り惣菜」の開発が
進んでいて、実際よく売れているようです。
「いいもの」を知っている「シニア世代」に支持されることが
今後の商品の質もよくなることにつながる、とか。
「シニア向け」には『高級感』も必要のようです。

また、コンビ二で、「昭和の歌謡ショー」のチケットも売って
いるのですね。
このショーに協賛していて、コンビ二の商品をお土産に配って
いるのです。
凄いですね!

カラフルな老眼鏡(最近は”リーディンググラス?)
オトナ用の塗り絵。
軽いゴルフのドライバー。
高級感あふれるチョコレート。

ライフステージの変化による購買状況の変化が、
大きいのですね。
シニアが楽しめるネットワークもあって、1万人以上の会員が
いるそうです。
”アクティブシニア”を合言葉に、ウォーキングをしたり、勉強会を
しているそうです。
人生を楽しみたい、というのが共通した気持ちですね。

いいものにはお金を使う、という世代でもあります。

子どもも独立して、趣味に生きる?
そればかりでなく、社会に役立ちたい、と思っている人も多いのです。
まさに”アクティブ世代”ですね。

団塊の世代は、携帯電話やパソコンへの興味も大きいそうです。
インターネットでの交流も広がっているようで、
ますます元気に、楽しく、今後の人生を過ごして欲しいものです。

タグ:シニア世代
posted by サキどりファン at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。