2012年04月08日

ベンチャー企業の蓄電池”エリーパワー”

今、世界でも注目されいる「蓄電池」は、吉田社長が69歳で
起業したベンチャー企業が作ったもの。
会社をリタイアした技術者を集めて会社を作ったそうです。
他社がやらないものをやる!というベンチャー精神でやってきた、
といいます。
電池に関する技術者ばかりでなく、いろいろな分野の技術者を
集めたそうです。
こうしたベテランの人脈で、若手の技術者を集めていきます。
この優秀な若手技術者集団が、新しい製品を作り上げてゆく
のですね。
『日本が技術者の宝庫』であり、集団としては世界一と社長は
語っています。
大手企業がなかなか思ったことができず、撤退してゆくような情勢
のなかで、技術者がその技術を生かせる場を提供したのが、この
ベンチャー企業といえるでしょう。
優秀な技術者は、韓国や中国のメーカーからのヘッドハンティング
の標的にもなっているそうです。
たとえば、実際この「エリーパワー」の研究所の若手ホープは、
すでに何度も他社から誘われているそうです。
多くの特許も取っていて、大手企業にいたものの、思うような仕事が
できなかったといいます。
自分の技術が生かせる場を得たことの喜びが大きいと語ります。
「世界の環境のために、自分の技術を生かしてくれ」とこちらから
お願いしたい気分だったそうです。
こうした夢がある限り、技術者はその能力を最大限に発揮して
ゆくのでしょうね。
日本の今後の財産となるのは、こうした優秀で、役に立つ仕事を
したい、と望む技術者たちなのでしょうね。
ラベル:技術者
posted by サキどりファン at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。