2012年05月20日

市民ファンド〜NPOと企業を結ぶ〜

地域の企業とNPOとを結ぶ役割を「市民ファンド」が果たしている
そうです。
地域の中でお金を流通させる、企業の地域での『社会貢献』にも
なることで、NPOと企業を結びつける活動が活発になって
いるようです。
地域に根ざしたニーズを発見し、キーパーソンや、地元の企業
を良く知っている市民ファンドだからこそ、NPOとの仲介者
たりうるのですね。
また、寄付をする側にとっても、自分で選択したNPOに寄付を
することによって、一歩踏み込んで社会貢献ができるという満足
を得られるのです。
ただ、「NPO」といっても、玉石混交です。
どんな活動をしているのか、疑問もあります。
まず情報公開しているか?(156/1154団体中)
事務局による認証がされているか?(56/1154)
ステップ3が最難関で、定款、財産目録など多くの資料が必要です。
認証の透明性をはかるために、50を超える項目があってチェック
されます。
この最難関を突破して初めて、企業からの寄付を得られるように
なるのです。事業計画とか、事業の運営方法とか、具体的なしっかり
した方針が示されないといけないのですね。
長期的なビジョンを持っているか、というのも大きな問題です。
今、NPOや市民ファンドをリードしている人たちは、30代の方たち
だそうです。
学生時代に阪神大震災を経験して、意識が変わったといわれています。
こうした活動が活発になることで、生活そのものが変わってゆくの
ですね。
ラベル:市民ファンド
posted by サキどりファン at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。