2012年05月27日

「再生可能エネルギー」

夏が近づいてくると「節電」
そして注目の『太陽光発電』
パネル280枚の自治会の発電所!
11世帯の自治体で「太陽光発電所」を作りました。
年間の収入目標は180万円ですって!
過疎の集落で、自治会費は年に6万円。
県に土地を売ったお金1700万円で発電所を作りました。
使っていない土地に「太陽光発電所」を作ることで、
悩みの種だった自治会費も、来年からはただになりそうです。

一方「メガソーラー」(巨大なソーラー発電所)を作ろうとして
いる人たちがいます。
数億円の費用がかかるそうですが、
福島県の人たちのプランに賛同して力を貸そうという大阪の
企業がありました。
太陽光パネル6000枚などを寄付したのです。
自前の太陽光発電所を作ろう、という自治体が福島では13も
あるそうです。これを福島の産業にしようと考えているそうです。

地域で発電ができるようになると、結果としては安定供給につながりますね。


長野県飯田市では、太陽光パネルをつけているお宅が多いそうです。
『初期費用0円』なんですって!
地元の企業が考えたシステムで、全国に出資者を募り、それで太陽光パネルを
設置します。設置した人は毎月18000円ほどを9年間払います。
出資者には数%の利息をつけて支払いをするそうです。
『初期費用0円』というのは嬉しいですね。

松本市でも『0円システム』があるそうです。
あるお宅の先月の電力の売り上げは16000円ほど。
夜は電力会社から電気を買うので、差し引き10000円ちょっとの収入。
これをきっかけに、節電への意識も高まったそうです。
飯田市の企業と提携して『0円システム』を始めたんですって。
元東京電力の社員の人も協力して、
自分の使う電力は自分で賄いましょう、という流れができつつある
のですね。
パネルの設置には160万円かかるそうですが、電力を売る収入を考えると、
約12年で元がとれるようです。
パネルは20〜25年もつそうなので、考えるべきですね。

ほかにも地熱とか、水力とか、風土にあった「再生可能エネルギー」
を考えると、可能性が広がりますね。
ラベル:節電
posted by サキどりファン at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 最新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。